アイフルに関する記事

アイフルの在籍確認はどのように行われるの?電話による在籍確認が不要なケースもあるって本当?

電話による在籍確認は原則として不可避

アイフルに限らず、カードローンやクレジットカードなどを新規契約する際に必要となるのが在籍確認です。インターネット上には様々な情報が溢れています。中には「アイフルは電話での在籍確認が不要」などの触れ込みを見かけることもありますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

残念ながら「電話による在籍確認」は原則として必須です。これはどのカードローンでもクレジットカードでもほぼ変わりません。また法律上も在籍確認は義務とされていますので、カードローンを利用するには必ず在籍確認をクリアしなければなりません。

在籍確認をする理由

在籍確認は審査を行う上で非常に重要な項目です。もし在籍確認がなかったとしたらいくらでも虚偽の勤務先を申告することが出来てしまいますし、本当は無職であっても会社勤めをしているように見せかけることも出来てしまいます。

「本当にその勤務先に在籍しているか」を確認することはアイフル側にとっても非常に重要ですので、必ず行われる項目です。

「書類でOK」という情報を見かけたことがあるけど…?

時折、「電話ではなく書類の提出だけでOK」という情報を見かけることがありますが、原則として電話での在籍確認は必須ですので、基本的には行われていません。

しかし、電話による在籍確認が「できない」あるいは「しない方が良い」などの【明確で正当な理由】がある場合、アイフルの担当者にその旨を伝えることで、もしかすると別の方法を提案してくれるかも知れません。

”もしかすると”というのは、あくまで原則は電話による在籍確認であることと、書類などで在籍確認を行っているというアイフルからの正式な情報は公開されていないためです。

在籍確認がNGになってしまう可能性がある例と対策

本人が不在で代わりに出た方が次のように答えてしまった場合、在籍確認がNGとなってしまう可能性があります。

「△△という者はおりません」
「△△ですか?分かりません」
「△△は、何時に戻るか分かりません」
「△△は、次いつ出社するか分かりません」

従業員数が多い企業にお勤めの方で全員の名前を把握していない場合、もしかするとこのように答えられてしまう可能性もあります。

対策としては

「昨日クレジットカードを作ったので、私宛に在籍確認の電話があるかも知れません。もし電話を取ったら対応をお願いします。」

と伝えておけば確実かも知れません。クレジットカードでなくても「何かしらを購入してローンを組んだので」という内容でも良いでしょう。

また、申し込みの際に、自分(申込者)を知っている方が出る可能性が高い電話番号を入力しておくのも良いでしょう。

Copyright© もっと知りたい消費者金融の話.com , 2019 AllRights Reserved.