プロミスに関する記事

プロミスの即日融資は土日もOK!おすすめの方法や注意点は!?

プロミスの即日融資を受けるおすすめの方法

計画的にお金を使っていても「突発的にどうしても必要になってしまう」ケースは意外と多いものです。そんな時に便利なのがプロミスの即日融資。土日も融資OKなので本当に急いでいる時にはとても助かります。今回はプロミスの即日融資を受けるのにおすすめの方法や注意点などを解説します。

プロミスに申し込む方法としては「Web契約」「店頭窓口」「自動契約機」「電話」「郵送」などがありますが、”即日”となるとおすすめはWeb契約です。

Web契約で即日融資を受ける方法

Webから申し込んで即日融資を受ける場合、次の2つのパターンから選ぶことができます。

(1)Web契約→銀行振込
(2)Web契約→自動契約機

いずれの方法も店舗に出向くことなく完了できますので、大変便利なサービスです。

瞬フリであれば土日祝日も銀行振込がOK

三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を持っているという場合、土日祝日でも銀行振込で融資を受けることが可能です。「瞬フリ」と呼ばれるもので、24時間365日対応してくれるサービスです。

ただ、申し込み当日は銀行登録をする時間が「22時まで」という制限がありますので、間に合いそうもない場合は自動契約機を利用しましょう。

即日融資を受ける際の注意点

即日融資を受けたいとなった場合、注意しておきたい点がいくつかあります。

審査対応時間内でなければならない

Webでは24時間申し込めますが、審査に対応している時間というものがあります。おおよそ21時くらいまでとなっていますので、それよりも遅い時間に申し込みをした場合の審査結果は翌日になってしまう可能性があります。

収入証明書が必要なケースもある

また、プロミスで50万円以上の融資を受ける場合、あるいは他社の借入の合計とプロミスでの融資希望額の合計が100万円を超える場合、収入証明書が必要になります。もし給与明細等が会社にあるという場合は提出が求められた時に困ってしまいますので、忘れずに準備をしておきましょう。

身分証明書と現住所の再確認

最後にもう一つ、注意点としては身分証明書の住所と現住所が同じかどうか確認をしておきましょう。特に免許証しか持っておらず「引っ越したばかりで免許証の住所を書き換えていない」「住所が変わったのにうっかり免許証の住所を変更し忘れていた」などという場合、警察署に出向いて住所変更をしてから申し込まなくてはならなくなってしまいます。

時間に余裕を持って!必要事項は正確に!

プロミスは土日祝日であっても即日融資を受けられるため便利ではありますが、急いでお金が必要な時は申し込むあなたも心のどこかで焦りがあるものです。必要事項の入力の不備や誤字脱字によって審査に時間がかかってしまったり、審査対応時間ギリギリの申し込みになってしまって間に合わなかったり…などということも考えられます。

時間にはできるだけ余裕を持って、必要事項などへの入力は正確に行いましょう。

Copyright© もっと知りたい消費者金融の話.com , 2019 AllRights Reserved.